隠岐の島の島情報

隠岐の島ビジネスプランコンテスト開催のお知らせ

このコンテストは、全国(島内外)からの若者や企業、UIターン希望者、大学生などから、島内の地域資源を活かしたビジネスプランを募集することにより、隠岐らしい新たな産業の育成を目的としています。 優秀賞受賞者には、「株式会社ものづくり学校」による創業に関する技術的支援を行い、町より毎月10万円の支援金を2年間支給します。 また、優秀賞受賞者には、隠岐の島

2014/08/28

Summer of なかむらんど

2013年7月21日、中村海水浴場一帯で、自然を楽しむ夏イベント"Summer of なかむらんど"が開催されました。 地域おこし協力隊を中心に、地元有志のメンバーで実行委員会を立ち上げて開催されたこのイベント、推定300人〜400人の来場客で会場は溢れ、隠岐が最も輝くシーズンの幕開けを彩る、絶好のスタートとなりました。 会場ではお茶会、イカダ遊

2013/07/24

隠岐の島ウルトラマラソン

2013年6月16日、第8回隠岐の島ウルトラマラソンが開催されました。過去最多の975名(50km/100km)がエントリーした今大会。100kmの部はAM5:00、50kmの部ではAM11:30にスタートし、隠岐の大自然の中をランナーたちが駆け抜けました。 2013/06/18

御霊会風流

毎年6月5日に行われる玉若酢命神社の御霊会風流。武良祭風流(中村)と水若酢神社祭礼風流(五箇)と並んで隠岐三大祭りと称されています。古くから行われているこの祭りは、他地域のそれとは一線を画す勇壮な「馬入れ神事」があることで知られており、参道の両側を埋め尽くす参拝客を魅了します。

隠岐島内各地に鎮座す

2013/06/08

しげさ踊りパレード

平成25年5月11日、西郷港にて第43回しげさ踊りパレードが開催された。 このパレードでは、隠岐民謡の代表曲「隠岐しげさ節」に合わせて、約1500人が隠岐のメインストリートを総踊りする。 毎年この時期に開催される島の目玉イベントとして注目され、個性豊かな化粧や衣装をまとって会場を盛り上げる団体や、正統派の踊りを披露する団体など、31団体(約1300人)

2013/05/18

子どもパークレンジャー

子どもパークレンジャーとは、子どもたちが自然保護官の活動を体験しながら自然にふれあい、自然保護や環境保全の大切さを学ぶ、環境省の取り組みの一つです。 ここ隠岐の島では環境省とジオパークがタイアップして活動を行っています。 参加対象は小学校4年生~中学校3年生。 2012年、隠岐の島町ではこれまでに3回の活動を実施しています。

2012/11/07

しらしま祭

2012年10月28日(日) 第8回しらしま祭 開催! 隔年で行われる武良の産業祭が隠岐の島ものづくり学校を舞台に行われました。 その模様を写真でお伝えしていきます!

2012/11/01

クヌギの森にあるもの

隠岐の島町には、「クヌギの森」と呼ばれる自然体験教室があります。 教育委員会と公民館が主体となって行われるこの教室は毎回大人気で、会場は多くの隠岐っ子で溢れます。春・夏・秋・冬それぞれの季節毎に開催されており、体験できる内容は様々。登山やシーカヤック、キャンプなどを通じて自然の知識や遊びを学ぶことができます。 今回は2012年秋の回に参加させて頂

2012/10/13

第18回隠岐学セミナー

第18回隠岐学セミナー @隠岐島文化会館 隠岐学セミナーは、麗澤大学教授で作家、内閣官房参与としてもご活躍された松本健一先生の呼びかけで始まったセミナーです。 平成6年から毎年開催されており、平成24年で18回目を迎えました。 松本先生が教授、作家、ジャーナリストなど各メディアで活躍する多方面のゲストをお招きして論じる形式のセミナーで、隠岐の島町

2012/09/16

牛突き八朔大会

佐山牛突き場で開催された八朔牛突き大会を観戦しました。 八朔大会は隠岐三大大会の中でも最も歴史深い大会であり、2005年には島根県無形民俗文化財に指定されている行事。毎年、壇鏡神社八朔祭の余興として開催されています。 大会当日は佐山牛突き場周辺に交通規制が敷かれ、駐車場は大混雑、会場までの道は人で溢れ、会場内も多くの観客で賑わっていました。

2012/09/02